So-net無料ブログ作成

ある霊媒師の薬に関しての見解 [占い、霊能者、除霊、スピリチュアル、恋愛]

精神安定剤などの薬と霊の関係テーマ:

私がご相談に乗る多くの方は女性が多いのですが、特に目立つのが何かしらの薬の服用です。一番気になるのは精神安定剤全般(睡眠薬なども含みます)の薬になるのですが、私は医者ではありませんので医学的な見解は言いませんが、霊性視点として言わせて頂きたいと思います


まず結論から言いますと、精神安定剤や睡眠薬などの服用者は真っ先に霊性に影響する部類へと入ります。そもそも、霊性(不可思議で人智を超えた働きと定義しましょう)が起こるパターンとして、人の魂が弱ってる、あるいは身体が何かしらの理由で弱ってる場合に起こり易いです


「起こり易い」時に霊性が何故発生するかの理由ですが、私のような霊媒師は理論的に説明しなくて感覚で分かるので説明など必要ありませんが、皆さんは分からないと思いますので、出来る限りの理論的な言葉を使って説明したいと思います


例えば、皆さんはこんな経験を必ずした事があるはずです


自分が心の中で「嫌だな、嫌だな」と思ってる事が、そのまま現実になってしまった事。学校で先生から問題の解答を指されたくない指されたくないと思ってる時に限って、先生に指されたりします


他にもこのタイミングで風邪は引きたくないと思ってる時に限って風邪を引いたり。こういう現象を霊性の世界では魂伝因果と言います


簡単に言えば、人が気持ちで思ってる事がそのまま魂伝道となって外部の因果全てに反応してますよという事です。これらの理から考えれば、先に説明しました精神安定剤や睡眠薬などを服用する人には、その服用する理由に沿った魂伝因果が起こるという理論です



これは確率論だと思いますが、多くの服用者は「心身の問題」によって薬を服用します。心が落ち着かない、全く眠れない、動悸がする、イライラする、いずれにしても精神的な苦痛を緩和させるために服用してますから、その苦痛に反応するのが魂伝因果です


もっと分かり易く言うと、例えば禁煙しようと試みる場合、キッパリと止める人は潔い止め方をしますが、いつでもダラダラと止められない人は苦し紛れにパイポを吸ったり、ニコチンタブレットを食べたりとします。こういう中途半端な心、気持ち、それもちゃんと魂伝因果として形になります


要は「そのような気持ちではそのような結果しか未来にもたらさない」という事です


これは理にかなった理屈です


けれども、精神的な苦痛にある人にこんな話をしても


「なんて酷い事を言う人だ。精神的に辛い人も気持ちなど分かってない人だ。それに医学的にも安定剤はそれなりの効果もあるし、服用する者が全て悪いかのような言い草じゃないか」


私は服用がダメだと言ってるのではなくて、霊性による副作用があるという事を言っております。もちろん医学的な効果もあると思いますが、はたして、その医学的な効果もどれだけでしょうか?もしそれに抜本的な高価があるなら世の中には精神的な苦痛を感じてる人は激変してます


所詮は「薬」なのです。もし今も悩み苦しみ、どうしてよいかも分からない人が私の日記を読んでるなら強いメッセージを発信したいです



抜本的解決のための行動をせず、ただ食らいつくように服用を続けて、一時的に状況が改善しても、それによって発生してる未来の副作用と天秤にかけた時、それはあまりにもリスクがあって「割に合わない服用である」という事を言いたいです。それが私の言う恐ろしい副作用であるという事です


ただし【抜本的解決の行動】をしながらの服用であれば問題ないです。なぜならば、抜本的に問題を解決する行動の中で、服用は一つの手段になってるからです。しっかりと状況を変えて幸せな人生にするという大目的があっての服用という手段ですから、それならば私は否定しません


けれども、手段と目的が混同されたような服用はその副作用によって近い未来にもっと酷い状況になるという事を言いたいです。私は霊媒師としてキャリアを積み、今も毎日のように抜本的解決を前提にして相談鑑定をしております。もちろん私以外にもそういった視点で霊能力のスキルを持って活動されてる専門家もいると思います


どなたでも良いとは言えませんが、ご自分が信頼できる人、または「この人に話を聞いてもらいたい」などと思う人に声をかけてみるのも一つの選択です。もちろん私でもお声かけ下されば協力できる範囲でしっかりとお役立ちできればと思ってます。それが私の使命でもありますから


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

ある霊能者の問題を先送りする人の罪について [占い、霊能者、除霊、スピリチュアル、恋愛]

 問題を先送りする人の罪

 罪とは一体どういう事でしょうか?閻魔大王のような怖いものが罪を犯したあなたに対して痛みや苦しみを持って制裁してくるという意味でしょうか?それとも現実世界で刑務所にでも入る事でしょうか?皆さんは一番恐ろしい罪の意味を知ってますか?


人間は常に自分の心にある【自分】という敵と戦い続ける宿命を背負った生命体であって、この自分というのは非常に難敵なんですね。どう難敵かというと、自分に都合の良い解釈で人生そのものを受け止めるように計らってくるとても恐ろしい敵なんです。自己成長にしても問題解決にしても、全て「言い訳」や「都合の良い自己正当化」という最強の武器を使って、あなたを徹底的に攻撃してくるのです


そして多く人は、この難敵である自分と戦う事もせずに真っ先に逃げようとします。これはまるで戦国時代に、戦が怖くなり戦場が逃げ出す臆病者と同じ事で、脱走兵の罪は重く軍法で厳しく処せられるのと同様に、自分との戦いから常に逃げる人は、人生と言う大審判員から厳しく罰せられます


誰が罰するか?そんなものは誰でも良いではありませんか。それを知る知らないに関係なく、あなたの人生でその罪の重さが罰として如実に表れ、それを体験して初めて人は自分が冒してきた罪の重さに気が付き後悔をするのです。後悔先に立たずとはよく言ったものです。そこで次のステップに行けるか行けないかがまだそこで試されますが、またそこで逃げると、次も同じように鉄槌が落ちてきます。そして逃げれば逃げるほど、どんどん罪が課せられ厳しくなり、最後は追い込まれて病気になり、自殺をしたりします


私が言いたい事は、問題があると自己認識したり、あるいは周りから見ても明らかに問題である事、そして悩みである事に何かしらの変革行動が必要とされてるときに「理由をつけてその問題と向き合う事を先延ばしにする人」はその罪がどれだけ潜在的に恐ろしい未来を引き起こすかを全く分かってないのです。それがどれだけ因果応報として恐ろし未来を引き起こすかを甘く見過ぎてるのです


私の相談者の中でもそういう方が沢山いらっしゃいます。例えば「色々と考えましたが、もう少し考えてみて、また何か気持ちの変化があれば相談させて下さい」など、そもそもが自分ではどうにも出来ない状況で悩み苦しみ、そして長年に渡り苦しんできたのですから、そこで今更改めて考えたところで何が変わるのか?という事なのです。でも私に分かるのですが、そういう人は絶対に自分と真剣に向き合って本気で問題解決のために行動をしない人です。結局は自分が可愛いのです。臆病に逃げてるだけなのです


だから現実問題として、今も、その問題から逃れられてないのです。矛盾の塊と言えます。問題が解決されないから悩み相談をする。ずっとそうだったからこそ、とうとう観念して他に救いを求めたはずなのです。でもまたそこで話をしてるうちにいつもの悪い癖である「自分の頭で堂々巡りの事をまた考えて一喜一憂する」のです。そして口を開けば「もう少し考えてみようと思います」になります


考えて人生が変わるなら私も毎日考えます。それだけで人生が幸せになるなら、私は毎日いくらでも考えます。でも皆さんの人生どうですか?考えただけで何か変わりましたか?変わりませんよね?考えた先に行動があって変わったのですよね?


何でもそうですが、問題を先送りにする人の人生は常に焦燥感や虚無感などが付きまとってきます。どこか不安定ですっきりしない、そういう人生になります。そして問題が常にすっきり解決しない気持ちの悪い人生になります。どんな問題でも勇気を振り絞って立ち向かう人は、問題の大きさや問題の数に関わらず、人生の醍醐味を感じて本当の幸福感を味わえる人生を送る事ができます


最高に幸せな人生を誰もが送りたくて生きてるはずなのに、人生で起こるあらゆる問題から逃げずに立ち向かい行動を起こすという最高の方法を使わず【脱走兵のように自分の心から逃げる】ことをいつも選択します。それでは常に焦燥感や虚無感、不安感から逃れられない人生になるのです


そして逃げる事で、自分自身に罪を課して生きてる事に気が付かないのです。その罪の代償は大きく、必ずその逃げる人の人生の未来で現証として現れます。その時に「あぁ、もっと早くやっておけば良かった」と思っても後悔先に立たずです。だから口を酸っぱくして私は言うのです。問題の先延ばしとか「ちょっと考えてみます」という堂々巡りな事は止めなさいと


自分の身に起きる問題以外の悩みを抱えてる人もいます。例えば子供が病気とか、親の借金問題とか。それは他人事であって他人事ではないのです。その証拠に、現にあなたがその事で悩み苦しんではありませんか?だからそういうのも当事者問題として捉えるべきなのです。そしてどうして自分の身に起きる問題、責任じゃないのに私がこんな苦しい思いをしないといけないのか?なんて考える人もいますが、それも森羅万象因果理法を理解してない証拠なのです。あなたの生活圏に影響をもたらす事があなたの周りの責任であっても、現にあなたの心身に悪影響が及ぶ状況にあるのですから、それはあなたにも何かしらの原因があるのです。生まれつき子供が難病でも、母親としてその境遇になってるあなたに、大なり小なり問題があるのです。これが宇宙の理法で因果を捉えた理屈です。


不平等?そうです。人生は不平等です。形上は不平等です。でもそう思うも思わないも、あなたの心の強さ次第です。その問題を問題として捉えるか、それとも自己成長の糧と捉えるか、それすらもあなたの心次第です。人生は厳しいのです。生きてる事自体が奇跡のようなものなのですから、奇跡の中で更にあなた固体に全て都合のよいように人生が動くと思いますか?世界の70億人が同じ事を考えてるのです


楽したい、楽しく生きたい、辛いのは嫌だ、美味しいものを食べたい


みんなそう思ってるのです。みんな煩悩に犯されそう思うから、その通りにならないのです。それが人生です


世の中には変革のために「何をどう行動してよいか分からない」という人もいる事でしょう。でもそれは恥ずかしい事でも何でもありません。当然だと思います。何故なら、自己との闘争をしてない人や、本当の闘争の仕方、問題解決の仕方を知らないまま生きてる人が大半なんですから、どう行動して良いか分からないのは当然の事だと私は思ってます


だからこそ、私のような霊媒師で人生アドバイザーのような存在が役立つと思ってます。私は皆さんよりも人間として優れてるのではありません。皆さんと同じ一人の人間で、同等価値の人間です。優劣などありません。ただ少しだけ違うのは、上手な生き方や問題解決の方法をちょっとだけ皆さんより知ってるというだけです。それを教えて還元するのが私の使命であります


ご相談のメッセージがあれば私は自分の使命のためと、皆さんの幸せのために奮闘したいと思ってます


悩みや問題の先送り、時間が解決してくれるだろうという何の根拠もない希望的な観測などは止めて下さい。解決すべき時に解決すべき行動を起こさないと、問題は絶対に解決しません

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井 愛知 岐阜 静岡 三重 大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄 関東
詳しくはこちらのホームページへ!
http://www.medium-spiritual.com/

http://page.mixi.jp/recent_page_feed.pl?module_id=375774&page_id=71451

http://bookmarks.yahoo.co.jp/mediumspiritual


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

ある霊能者のコミュニケーションについての見解 [占い、霊能者、除霊、スピリチュアル、恋愛]

ネガティブな発言をする人とは付き合わない事

私には珍しく今日は科学的なお話をしますが


ノーベル賞を受賞した神経学者のジェラルド・エデルマン博士によると


記憶は脳の一部に貯蔵されているのではなくて、思い出す瞬間に毎回再構築されると言ってます。脳内で起こってる事はシナプスとシナプスが結合して記憶の経路が作られるだけ。神経回路に電気信号が伝わる事で思い出すという意味らしいです。ある意味、瞬間瞬間に新たな現実を作り出してるのと同じ意味です


過去にあった記憶というものを思い出す行為が、その時に改めて神経回路の再構築になるので、場合によっては嘘の過去がつくられたり、あるいはより鮮度の高い記憶として表現されたりなんて事があり得る事になります


そしてこの記憶経路とは繰り返される事でより太くなるようです。いわゆる自己催眠とか洗脳というものがありますが、何度も何度も同じ事を脳が聞かされる事で、それが現実だと思ってしまうのです


よく成功哲学でも自分の成功するイメージを毎日思い描き、紙に書き出し、そして口に出して言うという方法があります。これはまさに脳の神経回路を結び現実のものを錯覚する自己洗脳のようなもので、そういった事を思い描くと行動が変わり、結果として夢が叶ってしまうというものです


私は科学者ではありませんし、霊媒師、どちらかと言えば非科学的な宗教家に違い立場ですから、このようなお話をするのは不自然に思われる方がいるかもしれません。ですが、私はこの脳科学の件を支持してます



もしあなたの周りにネガティブな事ばかり言う人がいるなら、それはあなたにとって知らぬうちに害敵となってます。主婦の仲間などでも、暇があればより集まって人の悪口を言ったり、全てにおいて否定的な発言ばかりしてるグループなどいますね?会社のOLでもランチにそういう話ばかりしてる人もいますね?会社の飲み会でも、そういうマイナス発言ばかりしてるサラリーマンもいますね?


そういう人が自分の周りにいるという事は、まず自分の縁や因果を振り返って下さい。そういった人に囲まれるという事は、あなたもその縁構成の中の一部であるという証拠なのです。「その人達と同等」という意味を指します。逆にそういう者がいないという事は、あなたの周りにはそういう者たちが集まらない何かをあなたが発してるのです。同じグループではない、正義の縁があるという事です


毎日否定的で悲観的な悪口や愚痴ばかり言ってる人の人生は、そのままの通りになるでしょう。因果理法で考えてもそうですが、その前に既に脳科学がそれを証明してます。自分でネガティブな事を吐き続け、自分の脳にそれを刻みこみ、そしてそれが現実となるような状況に自らを持って行ってる悲しい人達なのです


ですからもしあなたの周りにそういう人がいるなら、あなたは次の順番で行動して下さい


① まず自分自身がそういう人間であるかどうか確認して下さい

② もし自分がネガティブ人間であるなら改善して下さい

③ 改善方法が分からない方は私に連絡を下さい。霊視浄霊などで対処します

④ 自分がネガティブ人間じゃなく周りにネガティブな人がいる人は「それは間違ってる」という事を相手に強く告げて下さい


⑤ 相手に言っても治らないなら、あなたから離れて下さい。それが親族でも恋人でも上司であっても誰であっても離れて構いません。何度言っても受け入れない人と一緒に居てもあなたにとって悪害なだけです


⑥ 何度も言っても変わらない、離れたくない、あるいはどうしても離れらない、または言う事すら怖くてできないなど、そういう場合は私に相談して下さい。霊視で対処します。



いずれにしてもしましても、結論としては


ネガティブな発言をする人、あるいはそういう人に自分が囲まれてるという状況、これはあなたの人生において百害あって一利なしとなります。反面教師という捉え方もできますが、それと物事を改善するというのは別定義です。反面教師として学び、更には状況を変化させて下さい。もし自分の人生を幸せにしたいのであれば、これは1日も早く改善することを私は勧めます

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井 愛知 岐阜 静岡 三重 大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄 関東
詳しくはこちらのホームページへ!
http://www.medium-spiritual.com/

http://page.mixi.jp/recent_page_feed.pl?module_id=375774&page_id=71451

http://bookmarks.yahoo.co.jp/mediumspiritual


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

ある霊能者のトラウマや鬱病についての意見 [占い、霊能者、除霊、スピリチュアル、恋愛]

トラウマとは心的外傷の事です


私は医師ではありませんから、専門的なことを書くのは控えます


ただ私個人としての意見を述べるという面では制限はないので言わせて頂こうと思ってます


そもそも、トラウマというのは心の傷であって「記憶のダメージ」であります。記憶は脳が司ってる訳であり、もし自称トラウマという方が記憶喪失になったら、その時点でその人にはトラウマが無くなった事になります。こういう屁理屈が通じてしまいます


ポイントは、所詮は記憶に支配されてるという事です。記憶を無くすなんて曲芸は普通の人間には不可能でしょう。でも、記憶を受け止め、処理し、コントロールすることは可能だと思います


それこそ正に心の自己鍛錬となります


「トラウマのない人間に私の気持ちなど解るものか!」と言う方が居ますが、ではもし仮に同等のトラウマがある人がそれを克服してしまったら、その人にはそんな事を言えないという事でしょうか?それともたまたま、その人は精神的に強い人間で、たまたまトラウマを克服できたのでしょうか?


私が言いたいのは


「トラウマなんてものは、卑屈の精神が更にその記憶を極端に歪曲し悪循環にさせる」程度のものであって、逆を言えば、卑屈じゃない前向きな精神であれば、その記憶を極端に修繕修復し、好循環させられるという事なのです


所詮は「トラウマ」です。でも医師の立場にある人が


「所詮はトラウマですよ」とか「鬱病って思うから鬱病になるんですよ」なんて言えませんね。本音で思っていても言えません。私が思うに、だからどんどん悪化すると思ってます。心的外傷による鬱病患者などには話しを聞くだけで良いとか、反論してはいけないとか、頑張れと言ってはいけないとか、取ってつけたような事を言う医者などが居ますが、それは「医学の世界のお話し」であって「人間学」のお話しではないのです


そのトラウマある方も、鬱病患者も、まずは一人の人間です。私と同じ人間です。違いなどないのです。でも、何故か、何かの原因で、病気になってしまった。いや、何でも精神的な苦脳を病気と断定する風習にも私は違和感を覚えますが、病気であろうともなかろうとも、それを治そうとする概念が私は間違ってる思ってます


治すというのは、正常じゃない状況にあるという事です。では正常とは何でしょうか?


鬱病と診断されてなくても、私から見れば普遍的な人間的幸福論や善悪観が欠落した悪党のような人は世間に溢れかえってます。この人達のほうがよっぽど「病気」です。正常じゃないからです。


私は悪党も善人も、そして鬱病と言われる人も、または幼い頃に虐待など受けて自称「トラウマ持ち」と言われる方も、その姿をもって一人の個人、人間であると判断すべきと思ってます。そこに病気などという都合良いレッテルを貼ると、それが返ってその人の改善を妨げます


もちろん、明らかな病気は病気と判断するべきでしょう。日常生活ができないくらいに衰弱したり、喚き叫んだり、犯罪を犯しそうになったり、それこそ精神病です。病院に隔離する必要があるでしょう。でもちょっとでも内気な人や、緊張する人、またはやる気がでない人、あるいは過去のトラウマでその状況になると過呼吸になって何もできなくなるなど、この程度であれば病気などというレッテル貼らずに周りの協力や自己で改善できる領域です


いいえ、改善して貰わないと困ります。そうでないと、この先の未来はほとんどの人が「鬱病」になってしまいます。私が子供の頃の環境の方こそよっぽど「鬱病」になりたい世界でした。自分の意見なんて大人は聞いてくれません。物もなく、家も汚く、貧乏で、差別や虐めだって頻繁にありました。悪い事をすれば近所のオジサンに血が出るまで殴られたり、父親が食事に箸をつけるまではご飯も食べられません。もちろん正座で食事です。


父親は絶対でした。今の若者だったら昔の家庭は耐えられないでしょう。まるで牢獄のような規則正しい生活で、父親が牢獄の親分みたいな権力ある時代です。それでも昔は鬱病なんて言葉は聞きませんでした。


大きな声では言えませんが、近親相姦などは昔の方が日常茶飯事です。秩序なんてある訳がありません。そして現代においては、警察が発表する数字では若者の犯罪も減ってます。毎年減ってます。でもマスコミなどが嘘を吐いて数字を表現せずに犯罪の残虐性だけをクローズアップして今の時代の方が病んでるように見せてるだけで、実際は昔の方が犯罪は多く、もっと残虐でした。


現代人は自由過ぎて、物も豊かで、そして情報も氾濫してますから、昔の人よりも何も知らないのです。知ってるようで、実際は本質を何も知りません。「物の有難味」も知りませんし「生きてる事の有難味」も知りません。


だから簡単にトラウマとか鬱病などという言葉を乱用したがるのです。でも、ここでの話しは精神論ですから、精神が鍛えられてない人に対して「根性がない!」と説教しても無駄です。それで改善されるなら医者も患者さんに説教してる事でしょう


私は医者じゃありませんが、トラウマある人でも鬱病患者でも、一人の人間としてしか見ません。私はその方の病気を直接的に治すことを試みる医者ではなくて、その病気がどういった原因から発生してるのか?という人間として修正すべき点から入ります


医者とは施術の観点が全く違うのです。医者は治せなくても、私は「改善させます」


私は最初から治すという概念でその人間には接しません。何故なら、治す必要がないからです。治そうとするかヘンになるのです。そうではなくて、その人そのもの良い面や悪い面が誰にでもあります。伸ばす面は伸ばし、制限する面は制限し、そしてコントロールすべき面はコントロールする方法を教えます。


何かを治すという考えを捨てないと、相手も言い訳を作り出します


「私は病気だから」と。病気だからと思ってる人はずっと病気です。だから何年も鬱病を患ってますという発言をする人が後を絶たないのです。これは生活習慣病と同じで、生活の中、人生そのものに巣食うものですから、日々の生活が重要になるのです。


日々の生活とは、その人間の生き方が関係してきます。その生き方は華々しくある必要も輝かしい功績が必要でもありません。庶民で良いのです。一般的で良いです。普通の中にこそ最高の幸せがあります。それが人生です。その普通を継続することがどれだけ困難な事か知らない人があまりに多過ぎるのです


「無理しなくていいんだよ」とか「頑張らなくていいんだよ」などという言葉は誰でも形式的には言えるのです。そして言われる側だって、それが形式的に言われてる事くらいは解ってます。そのような作られたコミュニケーションを重ねて人間が変わるなら苦労などしません。医者も完璧じゃないのです。医学部で勉強したというだけで、ほとんどは「未完成の人間の一人」に過ぎません。だから医師に何でも求めるのは間違ってます


人は魂で本当的に物事を察知します。本能的に条件反射する魂に投げかける人間同士のぶつかり合いがなければ人の心など動かせません。動かない心は、医者が言うように「病気が治らない人生」なのです


私は真剣です。相手が死ぬか生きるかを言うなら、私も死ぬか生きるかの気持ちで相手に接します。それが魂と魂のぶつかり合いだと思ってます。必死になります。


人生とはまさしく必死そのものなんですから。どう生きたかであるんです。死ぬか生きるかです。

泣いて笑って悩んで迷って、傷付いて、それが人生です


それぞれの感情や出来事を他の人達と天秤にかけて優劣をつける事自体も愚か


「あの人の方が私よりも泣いてる回数が少ない」とか「私の方が悩んだ回数が多い」などなど


こんな事をして他と比較し、自分の方が劣り不幸であるという事に人間はもの凄い労力をかけて疎外感を感じ悩みます。まさに時間の無駄です


あなたはあなたで、相手は相手です。


お分かりですか?


敵?


それは全部、あなたの心です


味方?


それも全部、あなたの心です

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井 愛知 岐阜 静岡 三重 大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄 関東
詳しくはこちらのホームページへ!
http://www.medium-spiritual.com/

http://page.mixi.jp/recent_page_feed.pl?module_id=375774&page_id=71451

http://bookmarks.yahoo.co.jp/mediumspiritual


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

ある霊媒師から霊感商法の実態について [占い、霊能者、除霊、スピリチュアル、恋愛]

 私のところには真剣な相談をしてくる方などとは別に、疑いのメッセージを最初から投げかけてくる方もいます。当然の事ながら、霊視という目に見えないものですから、そういった疑心があるのは納得できます。そこでよく言われるのが「あなたは霊感商法ではありませんよね?」という質問です。大変難しい質問です。何故かと言うと、それに対して確証ある返答ができないからです。「いいえ、私はニセモノではないですよ」と言っても、相手が「いや、悪質な霊感商法としてる人に決まってる」と思えばそれまでです。ですから私は特別な説明や、感情的なお話しはほとんどしないようにしてます。私はこう思います。「あなたが私に依頼をしたいと思ったなら依頼して下さい」という流れです。無機質な雰囲気になる事もあるのですが、冷静に考えれば、最初に相談という形で私からメッセージをしてる訳ではありませんから、私が引き留める必要性もないと言えます。ただ、「あぁ、あの人は救ってあげないとこの先の人生が危険だな・・・」と思いますが、それら全ての人を救おうと思っても物理的に無理もあります。相手が私に対して疑心あれば、それで縁がなかったという事で引き下がるしかありません。



そもそも霊感商法というのは、30年くらい前に、ある宗教団体が美術品として売れなかった壺などを、霊的な現象と結び付けて販売したのが始まりです。人間の心理として、目に見えない不可思議な物を指摘されれば、怖くなり、つい話しを聞いてしまうものです。その弱みにつけこんで壺を高額で販売するという手法です。その手法の一貫として、マインドコントロールと言われる心理学を使った技術や、無料で鑑定し、恩を売る事で相手の良心の呵責を攻撃し、最終的には不安を煽りお金を取ったり、先に何かしらの形で事前調査をして情報を入手し、それを利用して話しに信憑性を持たせ、相談者を驚かせお金を取るなど、様々な手法が存在してるようです。




その他にも売った高価な物のクーリングオフを阻止する技術とか、タレントや著名人を使って安心させて騙すなど、こういった霊感商法を巧みに使うプロは、素人では歯が立たないほどの巧妙狡猾さを持ってますから、一度入り込むと騙されてしまう可能性が非常に高いのです。そこで私からの意見ですが、これだけ彼らプロ集団の詐欺技術が高いからこそ、その違いを明確に差別化し、霊視などの鑑定を私がするのは極めて難しいという事にもなります。日記冒頭でも書きましたが、私としてはこれらの事を考慮すると、 【相談者の疑心に対し潔白の説明をしてまで鑑定依頼に応える必要はない】        と思ってます。 これは非常に難しい問題です。ですから皆さんにお願いがあります。もし私に鑑定希望があるなら「依頼するかしないかは最初の段階でご自分でしっかりと決めてからお返事を下さい」と言いたいのです。私も日々多忙な中で鑑定などをしておりますから、相談者からの一問一答の中に「あなたは本物ですか?」と言った問いにまでお答えしてられないのが現状です。そういった最低限の事は自らの判断で最初に決めてから私への返事をして頂けると非常に助かります。どうかよろしくお願いします。


また、霊感商法というのは延々と無くならない、無くせないものだと私は思ってます。人間に悩みがある以上は、未来永劫に消えない商法だと思ってます。ですから私はこの悪徳商法とも闘いながら皆様の相談役を担う必要があります。どうか、ご理解頂ける事を願っております。

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井 愛知 岐阜 静岡 三重 大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄 関東
詳しくはこちらのホームページへ!
http://www.medium-spiritual.com/

http://page.mixi.jp/recent_page_feed.pl?module_id=375774&page_id=71451

http://bookmarks.yahoo.co.jp/mediumspiritual


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

霊的障害の自己診断 [占い、霊能者、除霊、スピリチュアル、恋愛]

皆さんの、心身面が霊的な問題(※霊障とも言います)を関係性がないかのチェックです

下記に当てはまるものが多い方は、一度専門的な鑑定をして貰う事をお勧めします

・性格の急変

・極度なマイナス思考

・自殺願望がある

・妬み恨み思考

・原因不明の体調不良や病気

・頻繁な癇癪や繰り返す鬱

・多重人格

・説明できない幻覚幻聴

・目つきの異変や唾が飲み込めないなど、ゲップが止まらない

・胸への締め付け感

・極端に部屋を片付けらず狭い部屋を好んだり暗い場所を好む

・赤面症で人の前で話せない、人を避ける傾向あり、欲求の制御不能

・ラップ音や、聞こえるはずの無い人の声や足音などの怪奇現象に悩む

・線香の臭いや悪臭などを感じる

・恋愛が全く実らないとか、騙される恋愛が多い

・度重なる身内の不幸や災難

・全体的な物事が常に上手くいかない、不幸の連鎖

・極度の思考低下

・悪夢やいつも同じ人物の夢を見る

・意味不明な身震いや寒気

・見えないはずの人物が見える(毎回同じ人)

・幻聴幻覚・頻繁に起きる怪奇・心霊現象

・子宝に全く恵まれない

・女系家系で跡継ぎに恵まれない

・夫婦不和で性格が子供返りする(幼稚になる)

・婦人病の連発や我が子を愛せないなど

・夢遊病や記憶喪失など

・一度不安になると中々落ち着かない

・パニック障害や鬱病の診断を受けた、または近い症状がある

・常にイライラして自己制御ができない

3つ以下であれば様子見です


5つ以上になると問題


5つ以上当てはまる人が自分の身近(親兄弟や伴侶)に居る事も危険です

ご相談の内容に関して本格的で専門的な対応が必要と判断した際は有料となり見積書を製作致します。相談は常にケースバイケースですから、まずはご相談を頂き、いくつかの選択肢はございますので、その選択肢の中でご相談者の方に決めて頂ければと思ってます。

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井 愛知 岐阜 静岡 三重 大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄 関東
詳しくはこちらのホームページへ!
http://www.medium-spiritual.com/

http://page.mixi.jp/recent_page_feed.pl?module_id=375774&page_id=71451

http://bookmarks.yahoo.co.jp/mediumspiritual


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

ある霊媒師からの霊体憑依について [占い、霊能者、除霊、スピリチュアル、恋愛]

まず憑依される方は大きく分けて二つに分類されると思います


1 憑依体質の方


これは一般の方には理解し難い事でしょうけど、生まれ持って霊障(霊が見えるなど)を察知できる能力があったりする人がいるのは事実です。科学でも証明できない特殊な能力の持ち主の方です


2 精神的な弱者


気が優しく、お人好し、内向的、不安症で怖がりなど、気の弱い方は精神面も不安定ですから、その隙をついて霊体が憑依してきます



基本的にはこの2パターンに該当する方が憑依され易いと思って下さい。ただ厄介なのは、ご自分で霊能力の有無を実感してない人もいます。そういった方でも憑依体質に該当するので、精神面も強く安定的な人でも日々の生活が上手くいかない、体調不良も多いなど、自己認識なく憑依されてしまってる人もいます。


結論から先に言いますが、一度憑依されると一般の方の努力なり方法では憑依は治りません。治るという表現が正しいか解りませんが、霊体がその人間から離れる事はないという事です。これは事前に強調させて下さい。専門的な処置をしないと憑依が治る事はないのですから、生涯、その悪霊と付き合わないといけないという結論になります。


「どうして私の人生は上手くいかないのか?」

「どうしていつも私は運がないのか?」

「どうしていつも私は人間関係のトラブルに巻き込まれるのか」

「私の人生は怪我や病気ばかりで健康だった想い出が少ない・・」


基本的に悪霊というのはその人間に成済ます事から始めます。ゆっくりと時間をかけて、当人にも気付かれないように少しずつその人格をコピーして成済まし、一体化してきます。どんどん心を蝕んでいくイメージです。皆さんもテレビなり本で読んだ事があるかもしれませんが、憑依された人間が、いきなり暴言を吐いたり、目つきが変わったり、泣き叫んだりなど、別人格のようになってしまう事があります。ここまで来るとかなりの重症ですが、それに近しい人、見たことありませんか?


まず悪霊はその憑依した人物に完全に浸透すると、その人間の意識を定期的に飛ばす行為をしてきます。最初は1分くらいだけ意識が浮遊したり、10分、30分、1時間とどんどん長く増えていきます。


簡単に言うと「当人の記憶がない時間を形成してしまう」のです。その間に豹変したその人物になってしまいます。


普段温厚な人間が全く理解できないところで怒鳴ってきたり、普段優しい人がいきなり暴力的になったり、普通の安定的な感情の持ち主では到底理解できないような行動をする人が皆さんの周りには必ず1人はいるはずです。精神的な変化は男性に多く、女性に関しては体調不良や人間関係の不和が多いのです。それにも理由があります


まず悪霊とはその家系の家督、長男、もしくは重要人物に憑依してきます。それはその家系の繁栄を途絶えさせたいからです。その家系の重要人物の精神面を破壊して再起不能にしようとしてきます。次は女性ですが、女性の一番の目的は出産です。子育てです。これも子孫繁栄に大きく関わります。ですから体調不良という面で女性の出産や子育てなどを阻害してきます。また女性は家庭に入りますから、幼稚園なり学校での小さなネットワークや親族との人間関係などの矢面に立ちます。そこで人間関係のトラブルに巻き込ませて精神的に追い込み、一家の内部から不協和音を鳴らそうと画策してきます。


最終的には自殺にまで追い込むのが悪霊の目的です。それは人間の魂を霊界に引き込みたいからです。

1 私の今までの相談者で、憑依されたまま放置、または中途放棄でその悪霊の存在が消えたという事は一度もない。霊視でその悪霊の存在の有無は明確に解る


2 私が知ってる多数の霊能者も、一般的な方が自らの努力で憑依を治したというケースを見たことがないと言う


3 悪霊の憑依は当事者の無意識の中で侵食するため、それを当事者が意識的に除去するのは無理



第三者の専門的な力がないと憑依を治すのは無理という結論です


一つ吉報があります。本当に初期段階の憑依や、または軽度の憑依であれば、ほとんど労力をかけずに祓う事も可能です。むしろ、憑依は憑依でも、この軽度な状況にある人がほとんどです。ですから意外と安心できる状況の方の方が多いと思います


ただ2割から3割くらいの方は、憑依が深刻な方向に向かってる人だと思って下さい。でも必ずしかも悲観的になる事もありません。順序が必要ですから、その順序に従って改善の一歩を踏み出せば憑依は怖くないのです



1 自分自身を自分で問診してみる。

2 明らかに異変を感じる、または気になるので見て貰いたい


3 実際に専門家に見て貰う

4 簡易であるが、鑑定結果として憑依の程度を教えて貰う


5 その先、どういった対処を望むかご自身で検討して頂く



こういった流れかと思います。再度言いますが、憑依は人間であれば誰だっていつ起こるか解らない事です。


でも別に恐れる事もありません。ちゃんとした基礎知識と認識、あとは順序ある対処に望めばしっかりと解決することができる問題でもあります。


一番大きな問題は


「基礎知識や認識、それに対する対処方法などを知らないがためにパニックになったり、適当に放置する安易な発想を持つ事」なんです。



本日の日記が皆さんの参考になれば幸いです。

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井 愛知 岐阜 静岡 三重 大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄 関東
詳しくはこちらのホームページへ!
http://www.medium-spiritual.com/

http://page.mixi.jp/recent_page_feed.pl?module_id=375774&page_id=71451

http://bookmarks.yahoo.co.jp/mediumspiritual


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:占い
メッセージを送る

<a href="http://philosophy.blogmura.com/spiritual/" target="_blank"><img src="http://philosophy.blogmura.com/spiritual/img/spiritual88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ" /></a><br /><a href="http://philosophy.blogmura.com/spiritual/" target="_blank">にほんブログ村</a>

<a href="http://www.blogmura.com/" target="_blank"><img src="http://www.blogmura.com/img/www88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="ブログランキング・にほんブログ村へ" /></a><br /><a href="http://www.blogmura.com/" target="_blank">にほんブログ村</a>

<a href="http://philosophy.blogmura.com/" target="_blank"><img src="http://philosophy.blogmura.com/img/philosophy88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 哲学・思想ブログへ" /></a><br /><a href="http://philosophy.blogmura.com/" target="_blank">にほんブログ村</a>

<a href="http://philosophy.blogmura.com/magic/" target="_blank"><img src="http://philosophy.blogmura.com/magic/img/magic88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 哲学・思想ブログ 魔術・呪術・予言へ" /></a><br /><a href="http://philosophy.blogmura.com/magic/" target="_blank">にほんブログ村</a>

<a href="http://philosophy.blogmura.com/reikai/" target="_blank"><img src="http://philosophy.blogmura.com/reikai/img/reikai88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 哲学・思想ブログ 霊界・霊視へ" /></a><br /><a href="http://philosophy.blogmura.com/reikai/" target="_blank">にほんブログ村</a>

<a href="http://health.blogmura.com/mindandbody/index.html/00442779"><img src="http://health.blogmura.com/mindandbody/img/mindandbody88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ" /></a><br /><a href="http://health.blogmura.com/mindandbody/index.html/00442779">にほんブログ村</a>

<a href="http://health.blogmura.com/00442779"><img src="http://health.blogmura.com/img/health88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 健康ブログへ" /></a><br /><a href="http://health.blogmura.com/00442779">にほんブログ村</a>

<a href="http://sick.blogmura.com/"><img src="http://sick.blogmura.com/img/sick88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 病気ブログへ" /></a><br /><a href="http://sick.blogmura.com/">にほんブログ村</a>

<a href="http://love.blogmura.com/"><img src="http://love.blogmura.com/img/love88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 恋愛ブログへ" /></a><br /><a href="http://love.blogmura.com/">にほんブログ村</a>

<a href="http://love.blogmura.com/love_soulmate/"><img src="http://love.blogmura.com/love_soulmate/img/love_soulmate88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ" /></a><br /><a href="http://love.blogmura.com/love_soulmate/">にほんブログ村</a>

<a href="http://mental.blogmura.com/"><img src="http://mental.blogmura.com/img/mental88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ" /></a><br /><a href="http://mental.blogmura.com/">にほんブログ村</a>

<a href="http://family.blogmura.com/shibetsu/"><img src="http://family.blogmura.com/shibetsu/img/shibetsu88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 家族ブログ 死別へ" /></a><br /><a href="http://family.blogmura.com/shibetsu/">にほんブログ村</a>

<a href="http://mental.blogmura.com/healing/"><img src="http://mental.blogmura.com/healing/img/healing88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ" /></a><br /><a href="http://mental.blogmura.com/healing/">にほんブログ村</a>

<a href="http://sick.blogmura.com/humei/"><img src="http://sick.blogmura.com/humei/img/humei88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 病気ブログ 原因不明の病気へ" /></a><br /><a href="http://sick.blogmura.com/humei/">にほんブログ村</a>

<a href="http://blog.with2.net/link.php?877513"><img src="http://image.with2.net/img/banner/banner_21.gif" width="88" height="31" border="0" alt="人気ブログランキングへ"></a>

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ